• コラム

posted on 2019.12.19

初心者必見!! ウェッジの選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

塚本 雅彦

Written by
塚本 雅彦

はじめに

 お久しぶりです。スタッフのSです。

今回は、「ウェッジの選び方について」ご紹介します。

プレーヤに合ったウェッジを購入をするとボールのコントロールが効きやすくなり、アプローチがしやすくなります。

今回の記事を読んで初心者プレーヤーにぴったり合う、

ウェッジを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

ウェッジとは

 まず、ウェッジについて説明をします。

ウェッジは、アプローチなど比較的距離が短いショットで使用します。そのため力で運ぶというより

ボールをフェイスに乗せて打っていく感じてグリーンを狙います。

このクラブには、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジ、そしてロブウェッジの

計4種類があります。

 

見分ける方法は、クラブのヘッド部分にPW・AW・SW・LWと表記されています。

今回は、LWの説明は除きます。

 

クラブによっては、ロフトで記載しているものもありますので、注意してみましょう。

次にPW・AW・SWの機能の違いについて説明をします。

 

PWとAWの場合、両方ともアプローチで使いますが、

PWは、低い弾道でボールが飛び、転がしてアプローチするときに使うクラブです。

一方、SWは高い球で攻めたい時、ランを少なくして球を止めたいとき

もしくはバンカーに入ったときに使用します。

 

AWは、PWとSWの中間であります。そのため転がす・上げるをバランスよく打つことが、

出来るクラブとなります。この主に3種類のクラブを使い分けてゴルフを行います。

 次はウエッジの選び方についてご紹介します。

 

ウェッジの選び方

  ウェッジは、プレーヤーによってこだわる部位が異なりますので

基本的な方法である、2点についてご紹介したいと思います。

 

① 使っているアイアンのロフトの4~6度増やしたウェッジを購入する。

 まず、プレーヤーが使っているアイアンのロフトを測りましょう。

次に、記録した角度に4度~6度増やしたウェッジのロフトを購入しましょう。

現在、ほとんどのアイアンは、5~P、4~PなどのセットになっていないのでPWのロフトから

4~6度増やしたAWとSWを選ぶといいでしょう

 

4度~6度分の範囲にすることで、左右の打ち分けだけではなく高さ・距離の打ち分けが簡単になります。

しかし、この範囲を超えたロフトを購入すると、ボールの打ち分けが難しくなります。

最近は、ストロングロフトのアイアンが増えていますので、その場合は、ウェッジ設定を

4本にしたりする人もいます。

 

② シャフトの重量はアイアンと比べること

 ウェッジシャフトの振りやすさを求めているプレーヤーには使っているアイアンと同じ重さにしましょう。

逆にアプローチでの安定感を求めている場合は使用しているアイアンよりも少し重めなシャフトを

選択するとよいでしょう。

 

以上2点の方法のようにプレーヤーが使っているアイアンを使って調べることが最も有効な方法となります。

まず、アイアンを購入することが必要でしょう。

 

おわりに

 皆さんいかがだったでしょうか。ウェッジの選び方のコツについて知ることが出来ましたか?

今回の記事に掲載されている内容以外の方法でもプレーヤーにあったウェッジを見つけることが出来ます。

ぜひ他の方法も探してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を書いた人

塚本 雅彦

Written by

塚本 雅彦

ゴルフ練習場勤務21年、ゴルフ会員権業務3年目と、就職して以来ずっとゴルフ業界に携わってまいりました。ゴルフ練習場勤務時代は『お客様に「ありがとう」と言ってもらえるゴルフ練習場』を目指しておりましたが、今度は「ありがとう」と言って頂ける営業マンを目指して日々精進します!
ゴルフの方も、回数はめっきり減ってしまいましたが、毎回ベストスコア更新を目標に頑張っています。
(いつも打ちのめされていますが…)

このライターが最近書いた記事はこちら

2019.9.20

ショートコースに行ってみましょう。

コラム

2019.9.6

ゴルフのインストラクター資格まとめ

コラム

2019.8.23

初心者必見!! ゴルフシューズの特徴

コラム