• コラム

posted on 2020.10.15

誰もが知っている道具の選択基準  2選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

山中 幸治

Written by
山中 幸治

 皆さん、こんにちはスタッフのSです。

今回は、皆さんが知っている商品について2点紹介をします。

見いたことがある商品であるため、つい適当に選んでしまいがちですが

きちんと知識を持って環境にあった道具を購入しましょう

 

レインウェア

 ゴルフは、晴天時だけではなく雨天時にもプレイができます。

そのためレインウェアを購入するでしょう。その時の雨天状況にあったレインウェアを

購入していないと、レインウェアを着ているのに濡れてしまいます。

ポイントは。2点ご紹介します。

 

見るべきポイントその1 耐水圧

 耐水圧とは、レインウェアが雨に耐えられる水圧のことです。

この数値が低いと、水をはじきれず透過してしまいます。

数値が高いと水をしっかりはじくことが出来ます。

 

最も適している耐水圧は約10,000mmです。

この数値は大雨でも耐えられることができます。

大雨の中ではゴルフをプレイすることはありませんが、大雨でも耐えられるレインウェアを

購入することで普通の雨にも耐えることができます。

 

見るべきポイントその2 透湿度

 透湿度とは水滴にならない蒸気状態の汗を生地が外に排出する度合のことです。

この数値があることでレインコートの不快感を軽減して

プレイを集中することができるようになります。

 

タイプは、2通りあります。

蒸れにくいウェアを購入したい場合、

目安としては最低5,000g、可能なら8,000gがよく、

使用したあとにできる不快な感覚を無くすレインウェアを購入したい場合、

最低10,000g、可能なら20,000gぐらいがちょうどよくなります。

 

環境にあったレインウェアを購入するには透湿度と耐水圧をよく見て購入することが

重要です。数値をよく見て購入しましょう。

 

サングラス

 サングラスはゴルフだけではなくとスポーツで使う場面が比較的多い道具になります。

しかし、サングラスも見るべき箇所があります。ポイントを見て購入すると

長く持つだけではなく太陽光を調整することができるようになります。

以下の内容をよく読みましょう

 

選ぶ時のポイント① 可視光線透過率を見る

 可視光線透過率は目に届く光を調整する度合いを表している数値です。

その為、数値が低いと光を通しにくくなり、数値が高すぎると光を通しやすくなります。

可視光線透過率が低いものを曇りの時時に使用してしまうと

わずかな光も阻害してしまい、打つ時にサングラスを外すことになります。

 

そのようなことにならないように太陽の状態によってサングラスを変えなくてはなりません。

太陽のまぶしさを省きたい場合は10%前後、

晴天時、曇りの時でも両方の時でも使用したい場合は20%~30%をめやすにしましょう

購入するとちょうどよい太陽光でゴルフを楽しむことが出来るようになります。

 

選ぶ時のポイント② フレームのフィット感

 サングラスはレンズも大切ですが、フィット感も大切です。適当に選んでしまうと、

スイング後のズレによってわずかな光が目に入ってしまい、集中力が削がれてしまいます

逆にフィット感がピッタリなものを購入すれば、光を気にせずにプレイをすることが出来るでしょう

購入する時は、最初に装着してピッタリかどうか確認をして購入することをしてみたらいかがでしょうか

 

選ぶ時のポイント③ レンズの色は濃い色は避ける

 濃い色のレンズを避けた方が太陽光が目のダメージを下げることが出来ます。

この理由は濃いサングラスをかけると瞳孔が開きやすくなります。

瞳孔が開くことで、より多くの光だけではなく紫外線も取り込みやすくなってしまいます。

そのため、目にダメージが多くなってしまいます。

レンズの色は、空の色と芝の色とかぶってしまうような青系や緑系は除いて購入することを

オススメします。

 

このほかにもサングラスを購入するポイントはありますが、代表的なポイントをあげました

ぜひこのポイントを見ながら購入してはいかがでしょうか

 

おわりに

 今回は意外なゴルフ道具の選び方のポイントについてご紹介しました。

どんな道具にも適当に選んでしまうと集中がかけやすくなるでしょう

プレーをする時は、クラブだけではなく他の道具のポイントを見つけて購入してみてはいかがでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を書いた人

山中 幸治

Written by

山中 幸治

業界では年齢的にも若いほう(ご年配の方が多いので)ですが入社して20数年の経験がございます。
お取引したお客様から「山中さんに頼んで良かったよ」と言ってもらえるよう常にお客様のニーズに答えられる営業マンでありたいと思っています。
ゴルフの腕前は、一生固定のハンディではないかというくらい中々成長しません。

このライターが最近書いた記事はこちら

2020.9.18

知っていると得かも!? ゴルフの歴史について

コラム

2020.7.10

ゴルフストレッチ法 3選

コラム

2020.5.1

初心者必見!! キャディバック 選び方のコツ

コラム