• コラム

posted on 2018.12.7

【おばゴル】初めてのショートコース!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

山浦 美香子

Written by
山浦 美香子

はじめに

ようこそ『おばゴル』へ!

この記事は『おばちゃんゴルファーが行く!(略しておばゴル)』として、
筆者がゼロからゴルフを始めて、コースデビューするまでの連載企画です。

 筆者(ヤマウラ)紹介

  •  ・四十肩でヘルニア持ち。運動音痴を自称する年女。
  •  ・ゴルフ会員権売買の業務を行う中で、ゴルフに興味を持つ。
  •  ・未経験ながら、2018年の年初に「ゴルフを始める!」と目標を掲げる。
  •  ・当ブログで練習の様子を記録しながら、コースデビューを目指す。


コースデビューまでが当連載の当面の目標です。
ですが、その一方で上記の通り四十肩でヘルニア持ちの私が、どこまでやれるのか。
私自身が経験する中で、生涯スポーツとしてのゴルフを証明してみます。

拙い記事になるとは思いますが、ぜひ応援下さい。
この記事が、これからゴルフを始める方の助けになれば幸いです。

 

 

今年もあと2カ月を切り…

私が悶々とゴルフクラブを探していたのは、前回までの記事でご承知の事かと思います。
そうして道具を揃えながら練習をしていると、

周りから「コースデビューする日を決めて練習しないと、ズルズルと時間だけ経つよ!」とアドバイスされました。

その様子を見ていた、当ブログでもおなじみのスタッフMさん。
本コースデビュー前の体験練習として、福岡にある大岳ショートコースでのラウンドに誘ってくださいました。

 


計画時はまだ道具を決めかねておりましたので、

 ・「クラブはレンタルしてもOKですよ!」

 ・「芝の上で打つ実践感覚でプレーできるショートコースからチャレンジしましょうよ!」

 ・「会員制のゴルフ場より服装規定も優しいから、動きやすい服装であればOK!」


などと、腰の重い私が、気楽に楽しめるよう色々お声掛けしていただきました。
昼間なら目の前に海が見えて景色がよいとのことですが、11月3日にナイターで9ホールの1周だけ行って参りました。

 

 

ショートコースとは?

それではコースを回った感想の前に、ショートコースについて簡単にご説明します。

 ①コースが短い

  本コース(一般的なゴルフ場)は18ホールがほとんどです。
  ですが、ショートコースは9ホールである事が多く、主にパー3の短いコースです。

  短いホールでは100ヤードなく、長くても200ヤードくらいと、主に100~150ヤードで構成されてます。
  ※ちなみに、大岳ショートコースは長くても170ヤードですが、私には全く距離感が掴めていません。


 ②プレー料金が安い

  会員制コースより安価でラウンドでき、とってもリーズナブルです。


 ③服装規定(ドレスコード)が、一般的な本コースより緩い

  ある程度ラフな動きやすい格好でもプレー可能なところがあります。
  ※ただし、事前にホームページ等で確認しておいた方が良いです。


 ④使用するクラブに規制がある

  短いコースが多いので、ドライバーやフェアウェイウッドを使用禁止している場合があります。
  ゴルフ場全体で禁止の所もあれば、ホール毎に規制されている場合もあります。
  ※こちらも事前に確認しておきましょう。

 

 

大岳ショートコースのご紹介

所在地:〒811-0322 福岡市東区大岳4丁目3-1
TEL:092-603-0488


9Hプレー、18Hプレー、18Hプレーの以降9H追加、回り放題(平日限定)のプランがあります。
他にも、シニアサービスDayやレディースサービスDay、メンバー割引、ナイター割引なども。
初めてでもお得に回れるように、ホームページに優待券がありました。

詳しくはこちら(公式サイト)を御覧ください。

 

 

何もかもが初めてのラウンド結果と感想

ラウンド当日。スタッフMさんに連れられ、施設の案内をして頂きました。
クラブハウス内の受付や設備、練習施設(打ちっぱなしやパターとアプローチ、バンカー)に、手引きカートやスコアカードの説明を受けました。

初心者だけで行くとわからないことばかりですが、先輩ゴルファーにご一緒していただけるのは心強いですね。

今日のメンバーは、誘っていただいたスタッフMさんを始めとする職場の同僚3名+私。
勝手知ったるメンバーなので、初ラウンドの緊張感はあるものの、比較的リラックスして臨めました。

 

ブログのためにもいいところを見せないと…と意気込んだ第1ホール。
事件はそこで起きたのでした。

 

 

いざショートコースデビュー!

大岳ショートコースの1番ホールは128ヤード。
ティーグラウンドに立って見えたのは、グリーン手前の大きなバンカー。
ナイターなのでその後ろにあるはずのグリーンのピン(旗竿)は、もう目視できていませんでした。



大岳ショートコースは長くても170ヤード。



ドライバーやウッド系は使うことはないそうですが、腰痛持ちな上に身体が硬いので飛ばせません。
打ちっぱなしでの練習でも、ドライバーは良く飛んで130ヤードです。
ちょうど自身のドライバーの飛距離くらいだったので「これなら使っちゃおう」と使ってみました。

 

打ち出したボールはいつもの練習の通りの軌跡を描き、夜空へと消えていきました。

 

一緒にラウンドしていたスタッフKさんが言うには「バンカーの縁に当たって跳ねた」とのこと。
バンカー周りを探しても見当たらず、グリーンを超えたのかと思いましたが、それでも見つからず…。

 

初ショットでロストボールを経験できた..と思っていた矢先の事でした。

 

 


一体どんな奇跡が起こったのか。


人生の残りの運を全て使い切ったのか??

 


バンカーの縁に当たって消えていったと思ったボールは、見事にカップの中に収まっていたのです。

 



そう、ホールインワンでした(^^)v

 



あまりに非現実なことで、他人事のような感覚でしたが、とても嬉しかったです。
人生初のラウンドで初ショットが初ホールインワンというトリプルスリー。

なかなか経験したことのある人はいないんじゃないでしょうか…?

 

 

その後のラウンドはといえば、初ホールインワンで浮足立ったプレーになったのは言うまでもなく。
4番ホールまでは、スコアを何とか教えてもらいながらつけていましたが、散々なものでした。


大岳ショートコースは大きなアップダウンがないコースです。
ですが、ショットのたびにボールを探し回ることになり、チョロチョロとしか進みません。

打っては駆け寄り…打っては駆け寄り…で体力を消耗し、5番ホールからは、9番ホールまでたどり着くのが目的になっていました。

 


9番ホールまで回って感じたのは「本当に実践練習なんだ」という一言!
これでもか!というくらいボールを探して走り回り、追いつくためにも走りました。
初ラウンドはホールインワンの喜びと、とてつもない疲労感の2つを大きく感じるものとなりました。

 

 

おわりに

今回、実際にコースに出てみて

 ・ティーグランド以外は足元が平坦ではなく、思うように構えられない。
 ・フェアウェイの芝にボールが浮いていない(人工芝ではないので当たり前なのですが…)。


など、実際のコースならではの練習場ではわからない気付きが多くありました。
本コースデビューする前に、芝の上で打つ感覚やアプローチ、バンカーも体験でき、盛沢山の贅沢な経験。
私のような初心者にはありがたいコースで、良い勉強になりました。

次は体力もつけて、もっとまっすぐ打てるように練習し、またチャレンジしたいと思います。

 

 

 

 

 

前のお話へ  一覧に戻る  次のお話へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を書いた人

山浦 美香子

Written by

山浦 美香子

誰よりも早くお電話に出ておりますので、お客様が一番最初に話すのが私です。
ゴルフ素人ながら、自分の言葉でわかりやすくお客様にご説明するよう心掛けております。
説明がわからなかった場合は、何度でもお気軽にお尋ね下さい。
”明るく元気に”を合言葉に応対させて頂きます。よろしくお願い申し上げます。

このライターが最近書いた記事はこちら

2019.5.17

【おばゴル】簡単な用語の理解

コラム

2019.3.1

【おばゴル】次の目標!

コラム

2018.9.28

【おばゴル】クラブセット購入しました!

コラム