• コラム

posted on 2018.12.21

スマホでもゴルフ!「みんゴル」アプリ紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

塚本 雅彦

Written by
塚本 雅彦

皆さ〜ん! ゴルフを楽しまれてますか~!!スタッフMです!
寒くなってくると外に出てゴルフするのが少し辛く感じることもあります。
そこで今回は、実際のゴルフの話ではなく、スマホで楽しめる『みんゴル』のご紹介です。

 

 

みんゴルをご存知ですか?

『みんゴル』とは元々、『みんなのゴルフ』というタイトルのゲームです。
TVにつなげてゲームができる、プレイステーション機でのゲームだったのですが、
スマホ版のアプリが作られ、いつでも気軽に遊べるようになりました。


スマホ版では略称だった『みんゴル』がそのままタイトルになっています。
えっ!スマホゲーム?と思われるかもしれませんが、これが意外とハマるんですよ~。

 

 

スマホ版みんゴルの始め方

App Store ( for iPhone )

Google Play ( for Android )

ダウンロードは上記リンクからどうぞ!

 


アプリをインストールすると、まず最初に名前や性別など自分のキャラクターを作成します。
自分のキャラクターができあがると、いよいよプレーが始まります。
ゲーム内で架空のコースを回っていき、スコアやレベルを競っていきます。


最初にまわれるコースは1つだけで、各ホールで指定された条件(パー以上で攻略等)をクリアしていくと、
新しいコースが開放され、もっと楽しめるようになります。
3番目に出現する海沿いのコースは、全体的に志摩シーサイドカンツリークラブに似てるな~って感じです。

 

 

 


コースを回っていくと、キャラクターのレベルが上がっていきます。
レベルが上がると、飛距離が伸びたり、ショットの精度を上げていくことができます。


現実でも同じですが、腕前が上がってくると良い道具や新しいウェアが欲しくなりますよね。
みんゴルの中も同様に、実際でゴルフをしているのと変わらない欲がでてきます(笑)

 


このあたりも、作り手側はよく考えられていて、『いい道具』や『おしゃれなウェア』は
課金しないと手に入らないような仕組みになっています(#^^#)
一部のアイテムは(俗にいう)ガチャでも低確率で手に入れることができます。

 


私は『課金はしない!』と自分で制限を勝手に設けていますが、
これ欲しいな~と思う有料の道具が多々あります(笑)

 

 

スマホ版『みんゴル』の最大の面白さ

私が感じる最大の面白さであり、一番の売りは『通信での同時対戦機能』ですね!
実際にその時にスマホでつながっている人とマッチプレーができたり、最大8人でコースを回ったりもできます。

 


また、対戦ではホール毎のポイント制で、同じバーディでも、ポイントで差がつくようになっています。

・距離を飛ばしてフェアウェイにキープするとポイントがプラス。
・アプローチが寄った方にポイントがプラス…等、ポイントの付き方も様々です。


最終的には、ゲーム内の風向きを考え、なるべく飛ばして、アプローチを寄せて、最後にパットが入るかどうか…


それで勝負が決まるので、『実際のゴルフと一緒やないか〜!』と思ってしまいます(笑)
特にアプローチが寄らなかったり、グリーン傾斜の読み違いで短いパットが入らなかったりすると
ダメージが倍増ですね(>_<)

 

 

おわりに

知らない人との通信対戦は、最初は私も怖かったですが、意外とすぐ慣れますし、いい緊張感もあります。
といったように、実際のゴルフのキャリアやレベルと関係なく、意外と楽しめますので
ゴルフ好きならば一度は遊んでみるのも手では!と思います(#^.^#)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を書いた人

塚本 雅彦

Written by

塚本 雅彦

ゴルフ練習場勤務21年、ゴルフ会員権業務3年目と、就職して以来ずっとゴルフ業界に携わってまいりました。ゴルフ練習場勤務時代は『お客様に「ありがとう」と言ってもらえるゴルフ練習場』を目指しておりましたが、今度は「ありがとう」と言って頂ける営業マンを目指して日々精進します!
ゴルフの方も、回数はめっきり減ってしまいましたが、毎回ベストスコア更新を目標に頑張っています。
(いつも打ちのめされていますが…)

このライターが最近書いた記事はこちら

2019.2.15

こんな時どうする!? ケースで見るルール対応!

コラム

2019.1.18

初心者さん必見!ベテランが教えるキャディーバッグの中身とは!

コラム

2018.11.9

100を切るために大切な2つのポイント

コラム