• コラム

posted on 2018.2.23

【おばゴル】まずは練習場デビューから!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

山浦 美香子

Written by
山浦 美香子

はじめに

ようこそ『おばゴル』へ!

この記事は『おばちゃんゴルファーが行く!(略しておばゴル)』として、
筆者がゼロからゴルフを始めて、コースデビューするまでの連載企画です。

 筆者(ヤマウラ)紹介

  •  ・四十肩でヘルニア持ち。運動音痴を自称する年女。
  •  ・ゴルフ会員権売買の業務を行う中で、ゴルフに興味を持つ。
  •  ・未経験ながら、2018年の年初に「ゴルフを始める!」と目標を掲げる。
  •  ・当ブログで練習の様子を記録しながら、コースデビューを目指す。


コースデビューまでが当連載の当面の目標です。
ですが、その一方で上記の通り四十肩でヘルニア持ちの私が、どこまでやれるのか。
私自身が経験する中で、生涯スポーツとしてのゴルフを証明してみます。

拙い記事になるとは思いますが、ぜひ応援下さい。
この記事が、これからゴルフを始める方の助けになれば幸いです。

 

 

2018年 年初。

年末が慌ただしく過ぎ、一夜明けた元旦に「よし、ゴルフを始めよう」と決意したのが前回のお話

お正月休みに一度くらい行けばいいのに、考えていても行動に移せないのが今までの私でした。
案の定、練習に行かないままお休みも終わり、あっという間に気づけば2月。

何から始めるかなぁと思いながら、今更ですが家族に宣言いたしました。

案外口にすると行動に移しやすいものです。
宣言してすぐに初めての練習場に行ってきたので、今回はその様子をお伝えします。

 

 

ゴルフを始める上でのワンポイント1

  • ・始めると決心したら、誰かに伝えてみましょう。
  • ・あくまでも楽しい趣味です。気楽な気持ちで。楽しむ気持ちを持ちましょう。

 

 

 

初めての練習場にて..

2月11日に大野城市牛頸にあるハミングバードゴルフガーデンに行ってきました。

友人や家族と和気藹々と‥とも考えましたが、都合をつけるのに手間取って行かないよりも、
「思い立ったが吉日」精神で、気楽に行ければと思い立って一人で行ってきました。
(おばちゃん化して、精神的にタフになっていると思います。)


四十肩や腰痛持ちの私でも、「クラブを握る」「クラブを振る」そのような動きが出来るのか、等の
不安もあり、まずはレッスンの申込みもせずに1人で打ってみます。



あ、ちなみにですが、山浦はゴルフがどのような動きをするか、大体は理解はしています。
テレビ等で大会を見ることもありますし、何よりそういう職場で働いているため
なんとなくのイメージは頭の中にあります。

 


練習場での服装は..

初めて行くので服装も気になるところですが、そういったイメージや知識を基にウェアをチョイス。

今まで運動らしいことをしていませんが、普段からボトムスはストレッチズボンを好んで履くため、
自然と今回もストレッチパンツを選びました。
(日常生活の中でも、屈伸動作が楽なので嬉しい素材ですね。)

腕まわりなどは動きやすく、外気で腰やお腹が冷えないような服装とスニーカーをチョイスしています。

 

 

空振りばかりで続かないかも!マメができるほど練習しないかも!

そもそも体が痛くて無理かも!と練習場に着くまでに、いろいろネガティブな思考が巡りました。
なので、以前にも当ブログ内でお勧めしていたにも関わらず、グローブすら用意せず本当の手ぶらで
行ってきました。

コチラの記事にて、初めての練習場に行く際にはグローブだけ持参することを勧めております。
 その他にも、気をつけておきたい点を紹介しておりますので、合わせてお読み頂くと良いと思います。

※クラブについては、事前にホームページでレンタルがあることを確認しています。

 

 

受付を済ませて、いよいよ初打ち

打席で練習場の方に簡単にクラブの握り方を教わり、フォームなど気にせずに人生初!
後にも先にもこれ一回となる第1球を打ちました。
※最初からインストラクターに教わらないところが既に逃げ腰です‥笑


難しいイメージを持っていたので、空振りするかな―と正直思っていました。
ですが、たまたま空振りせずに済んだので、何となく嬉しくなってテンションも最高潮!
「初日だから、初日だから~♪」と、飛距離など関係なしに気持ちよく打つことができました。

 

 

最初の練習を終えての反省

本当に自由に好き勝手にやってみたのですが、それだけでも十分に楽しむことができました。
ですが、その中で気づいたことも多くありました。


まず、屋外で防寒しているとはいえ、身体は寒いです。寒さ対策はしっかりして正解でした。
そんな寒い中でも、やはり手には汗が出てクラブが滑りました。
クラブを飛ばさないように、女性は握力が足りない事も考慮して、グローブは準備していた方が良かったです。
※帰りにさっそく購入しておきました。次回からきちんと着用します!


また、自分が打ったボールが左に曲がってると気づく事もできました。
初めてでも打ち方のクセがあるのは面白いことですね。
次はきちんと練習場で初心者向けのゴルフレッスンを申し込んで、きちんと基礎を教えて頂くつもりです。


最後に、あまりにも夢中で打っていたため、写真を撮ってくるのを忘れてしまいました。
次回からは忘れないように気をつけていきたいと思います。


なかなか時間の確保が難しいですが、感覚を忘れない内にまた練習してきたいと思います。
FacebookやTwitterのシェアで応援して頂けるとモチベーションに繋がります。
拙い内容ではありますが、ぜひ応援して頂けると幸いです。


前のお話へ  一覧に戻る  次のお話へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を書いた人

山浦 美香子

Written by

山浦 美香子

誰よりも早くお電話に出ておりますので、お客様が一番最初に話すのが私です。
ゴルフ素人ながら、自分の言葉でわかりやすくお客様にご説明するよう心掛けております。
説明がわからなかった場合は、何度でもお気軽にお尋ね下さい。
”明るく元気に”を合言葉に応対させて頂きます。よろしくお願い申し上げます。

このライターが最近書いた記事はこちら

2018.3.12

【おばゴル】記事まとめ読み

コラム

2018.3.9

【おばゴル】PGAプロからのレッスン

コラム

2018.1.12

【おばゴル】山浦、ゴルフ始めます!

コラム